見分けるのは飼い主の役目

容器から白い錠剤が溢れている

ペットをお飼いになっている皆様。
可愛いワンちゃんや猫ちゃんの体のケアはできているでしょうか。
犬や猫も人間と同じで行動や反応次第で今どのような状態が、体調がいいか悪いか良いかもわかってきます。
常日頃の健康管理が長生きをしてもらうためには必要不可欠ともいえるのです。
特に犬や猫などの一般家庭でもよく飼われているペットは注意が必要になってきます。ノミに規制される可能性が高いのです。
ノミが活動している場所は家などの室内だけではありません。外などでも活動しているのです。
このノミに寄生されると言葉を発する事のできない犬や猫にとってはかなりつらいものになってしまいます。
人間の場合は痒いと言って皮膚科などで診てもらうことができますが、ペットの場合は見つけることができるのは飼い主だけです。
ペットを飼っている方なら犬や猫の体にも触れる機会が毎日あると思うので、定期的にペットの毛をめくってあげて皮膚をチェックしてあげるといいでしょう。
体の大きい人間でも寄生されると症状が現れるので、小さな犬や猫だと症状はあっというまにひどくなっていきます。
ペットは家族の一員です。その家族の健康状態を知るためにもノミについてや効能があるお薬や入手法について知っておきましょう。






そもそもノミとはどのような虫なのか聞いたことはあっても具体的には知らないかたも多いのではないでしょうか。
ここで、ノミについて勉強しておきましょう。
犬や猫などの動物だけでなく、牛や人間などの大きな動物にも寄生するノミは最も名が知られている寄生虫です。
その体調は非常に小さく、体長は約1mm~3mmとされています。
ノミの驚異はその寄生するための移動手段です。犬や猫が発する二酸化炭素、体温に反応して体長の約60倍~100倍以上の距離をジャンプのような動きをして移動します。その行動範囲の広さのせいで知らぬうちに体に引っ付いて寄生し、動物の血液を栄養にするため吸血します。
繁殖力も非常に高く、卵から成虫になるまでも一か月前後で終わります。メスが卵を産む数も一日で30個以上されるといわれています。なので、何もせずに放っておくと一生の間に何百という卵が産卵されることになります。
寄生されたペットの症状がひどくなり、治りがどんどん遅くなるでしょう。
ノミがよく集まる場所は温かい場所です。
冬だと暖房の効いた場所や、カーペット、そしてペットの体毛です。
冬は犬も猫も温かい場所で休んだりすることが多いため、特に注意が必要です。
カーペットは定期的に掃除機などできれいにしておくことが大事です。







ノミの脅威は人にも及ぼします。
ペットの症状が治まったからといって油断はできません。
ペットを通して飼い主にも寄生している可能性があります。そうなると、またペットに寄生したりする可能性があります。
飼い主も定期的に自分をケアしておく必要があります。
人間でも寄生されて吸血されると、様々なアレルギー症状や皮膚炎も招きます。
その状態を防ぐには定期的な家の掃除が必要不可欠です。
温かい場所はもちろんですが、それ以外にも部屋の橋の四隅や本棚などあまり動く機会のない家具の下、家の中でも湿気が溜まりやすいソファー、ベッド、クッション、布団なども天気のいい日に干してあげましょう。
またこれらの場所は一か所だけでなく、一度の掃除で全箇所を掃除するのが好ましいです。
一か所のみの掃除だと別の場所から飛んできて居場所を作ってしまうので、せっかく綺麗にしても、効果がなくなる可能性があります。
ノミが集まりそうな場所を掃除しても完全に駆除できるというわけではありません。
少しでもペットの以上を感じたら動物病院などで一度診てもらうのが一番確実といえるでしょう。





1錠のカプセルが立っている

フロントラインプラスで予防

ペットのノミ駆除用のお薬としてフロントラインプラスとうお薬があります。その効能も非常に高く、症状を抑えてくれます。動物病院などでもよく処方されるので、信頼性は高いお薬になってます。

二種類の薬

ノミが引き起こす症状

ノミ一匹でも馬鹿にはできません。その一匹から症状が広まって別の病気や問題を起こす可能性があります。お薬で皮膚の炎症を抑えることができてもしばらくの間は再発しないか見てあげましょう。

器に入っている薬

個人輸入の良し悪しとは

医療機関を通さずに薬のみを購入したい方には個人輸入がオススメです。手間が省けるので、非常に便利ではありますが気を付けないと思わぬトラブルを招くことがあります。事前に知っておくと問題を起こしにくくなります。

青と白のカプセル

人気記事

「可愛いペット達に忍び寄る小さな敵ノミ対策を忘れず行いましょう!」の人気記事です。